60b9486a.jpg1月21日金曜日、午前4時フリスコを出発、日本の高速道路と違ってほとんど車のいないハイウェイ、早朝のFMからピンクフロイドの「Shine on you crazy diamond」みょうにこの雰囲気に合う、続いて流れるスティーブミラーバンドの「Fly like an eagle」これまた懐かしい、その他にもキャメル、ジョーウォルッシュetc・・・どうやらクラシックロックの特集らしい、早朝のドライブを約1時間30分、デンバー国際空港へ到着、週末のせいかターミナルは朝早くから賑わいをみせています。午前8時30分シアトルに向け出発、役2時間のフライト中は早起きとスキーの疲れで全員爆睡状態、シアトルにてトランジットで2時間待ち、ここでしばしアメリカともお別れとバーガーキングでフレンチフライを(アメリカでフレンチフライだけは日本よりうまいと思う)、午後12時45分成田へ向け出発、今食事と映画(シャークテイル、ウインブルドン)を見終えレポートを書いています。
今回のツアー、まずスキーアメリカの大森氏(お会いできなくて大変残念)リョーコさんに大変感謝です。とても楽しく充実したスキーができました。ありがとうございました!
次に桃子の大躍進です。結局スキーをした4日間(連続で)ただでさえ規模がけた違いにでかいアメリカのスキー場で私達と同じメニューを疲れのかけらも見せずになんなくこなししたことです。出発前は正直、体力的に大丈夫かな?
飽きてしまわないか?と心配しておりましたが、取り越し苦労に終わってよかった!これまで親からの働きかけでスキーをしていたんですが(この年なら当然か)何かが少し変わったような気がします。もしかしたらスキーが本当に好きになったかな?
次、パソコンを持ち込んだんです、ネットの接続できればもっと良かったんですが、DVD鑑賞(ライオンキング、ドクターコトーetc)にレポート作成に大活躍でした。
朝食&夕食はいつもながら基本的に自炊、これが体調維持にはよかったのかもしれません、その分持ち込む食材等の荷物が多くなっちゃいましたが・・・
最後にやはりスキーは楽しくなきゃね!と再度実感です。滑る本数や技術も大切かもしれないけど、コロラドはそんなことどうでもいいじゃん!って思いにさせてくれます。まさに「Keep on happy skiing!!」ですね!